建設業界

建設業界の動向

オリンピック需要、インフラ(国土強靭化)需要は堅調
世界的な経済危機の影響により市場規模が縮小
ピーク時と比べて業者数が年々減少
人材不足が経営を左右しかねないほど深刻化

建築業界M&A

『 堅調な需要の一方、慢性的な人材不足・後継者不足が深刻な経営課題に 』​

建設業界は元請け、下請け、孫請けと大手企業から中小企業へと仕事が流れるピラミッド型の関係が確立されているため、再編が起きにく業界と言われてきました。 しかし、近年では慢性的な人材不足や後継者問題が顕著になり、他業種同様に大手企業が人材獲得を目的としたM&A・会社買収を行うケースがみられるようになってきました。 今後は、業界からの枠を超えたM&A・事業買収も増えると予想され、再編の動きは活性化していくことが予測されます。
取締役 依田真輔

依田 真輔 ( Yoda Shinsuke )

慶應義塾大学商学部卒業後、株式会社キーエンスに入社し約10年間、日本国内及び中国上海にてセンサーのコンサルティング営業及びセールスマネージャーとして常にトップクラスの成績を残す(6半期連続ランキング10位以内という全社新記録を達成)。 その後、M&A業界における完全成功報酬制のリーディングカンパニー:インテグループに入社。IT、SES、保育園、留学、物流、不動産、製造業、卸売業など数多くの業種で実績を残す。
ご相談はこちら
PAGE TOP